最新記事

平成28年度 KIRG第22期生第1回講演会を開講するにあたって

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年公益社団法人日本口腔インプラント学会認定講習会
第22期生第1回講演会を開講するにあたって
九州インプラント研究会 会長 伊東隆利

公益社団法人日本口腔インプラント学会は、事業の1つとして専門医制度を構築し、専修医、専門医、指導医、指導施設を、また、歯科衛生士、歯科技工士の認定制度を推進しています。
1995年、創立10周年を機に、九州インプラント研究会は、九州で最初の指定研修施設となりました。29名の現会員の中には、指導医12名、専門医26名を数え、過去21回の認定講習会では、462名の修了者を世に送り出し、その中から90名の先生が専門医として、専修医として65名が認定されています。
先生方がインプラント治療をはじめて、少しはやれるようになっても、決して自分のカラに閉じ込もることなく、一人天狗にならず、こうした制度にチャレンジし、自分の立場をいつも観察しながら、まい進していただきたいと思います。ご自分のキャリアパスにしていただきたいと思います。
これから始まる本コースの受講にあたっては、先生方に多くの経済的負担、また多くの時間を費やす時間負担、そして体力の負担もあるかと思います。先生方の受講については、先生方は勿論、ご家族、スタッフの方々も大きな期待を持って参加されていることでしょう。
九州インプラント研究会会員は先生方のご努力に見合う、あるいはそれ以上の収穫があるように、誠心誠意協力いたします。
どうか、無事にこの長丁場を最後まで修了されるよう、健康に留意されて下さい。
2016年5月21日記

1
①開会の辞(土屋直行先生)

2

②KIRG22期生(16名)

3
③歓迎の辞(伊東隆利会長)

4
④大学系会員代表歓迎の辞(香月武佐賀大学名誉教授)

5
⑤受講生代表挨拶(西田恭三郎先生)

6
⑥KIRG会員紹介

7
⑦全身管理講義(福田謙一東京歯科大学教授)

8
⑧講義風景

9
⑨実習風景(血液確保)

10
⑩歯科放射線学講義(湯浅賢治福岡歯科大学教授)

11-1
⑪-1 解剖講義(井出吉信東京歯科大学教授)

11-2
⑪-2ご挨拶(井上富雄昭和大学歯学部教授)

12

⑫閉会の辞(森永太先生)

 

13 14 15 16 17 18 19 20 21
懇親会風景

関連記事